2024年夏:流行色を使ったイエベ・ブルベメイクカラー

一般的に使いづらいアイシャドウカラーをご存知でしょうか。
ブラウンやピンク、オレンジはなじみがあるカラーですが、ブルーは使いづらい色だそうです。
ところが、今年の夏の流行色はなんとブルーです!
今回はメイクアップアーティストを志す皆さんに、最も苦手とされるブルーアイカラーを、イエローベースのブルー・ブルーベースのブルーの選び方と、その使い方をご紹介します。

メイクアップアーティストのための今夏の流行色は何色?

メイクアップアーティストのための涼し気な目元を演出できる“淡いブルー”が流行色!

『ブルーは使ったことがありません。』
『好きな色だけど使い方がわかりません。』
『ブルーのアイシャドーって大丈夫?』・・・こういう声をよく聞きます。
メイクアップアーティストとしては、ブルーもちゃんとアイカラーとして使えますよ!とプロのアドバイスをしたいものですね。
今回はブルーアイカラーのイエベ・ブルベ別の選び方とこの流行色の使い方を解説させていただきます。

今年の夏は「ブルー」一色です。
メイク界だけでなくファッション界もブルーに注目しています!
ところで、この流行色は何処から生まれてくるのかと言いますと
日本には【一般社団法人 日本流行色協会JAFCA】というアパレルファッション、
プロダクツ&インテリア、化粧品、学校等多業種の会員により構成されたカラーデザインに関する様々な活動をしている団体があります。この団体の各分野の専門家によって、年に2回、世界規模で、カラートレンドを選定する「インターカラー」(国際流行色委員会)の情報などから、今年の流行色を決められます。
このインターカラーに日本代表として参加していますのが
【一般社団法人 日本流行色協会JAFCA】です。
今年の流行色は2年前に選定されていたことにびっくり!ですよね・・・

ブルーの中でも、モデレート・ブルーが今年の流行色に選ばれました。
時代の混沌や世の中の不平不満を浄化し未来を明るく照らし前向きにしてくれる明るく優しいブルーです。

2024夏 流行色「メデレートブルー」

メイクアップアーティストのための流行色ブルー:イエローベースとブルーベースの違い

“ブルー”という色は元々青みを多く含んでいます。
どちらかと言えば、ブルーベースの人がお得意なカラーです。
この“ブルー”も青みの分量でイエローベースからブルーベースに分類できます。
理論的には、ブルーに黄みを含むとイエローベース、ブルーの分量が多くなりますとブルーベースのブルーです。
メイクカラーの場合は、肌に置いた時の発色の度合いを確認する必要があります。
少し載せるだけで発色する人と、かなり重ねてのせないと色が付かない人もいます。
同じアイシャドーを購入されても、調整をする必要があります。
特にメイク用品は単に色を見て購入するのではなく、タッチアップできる商品はお顔にのせてからその発色を確認してから
購入するのがおすすめです。
ブルーの基本的な分け方は、
緑が混ざっているような色のブルーがイエローベースのブルーです。
一般的に水色や紺色などはブルーベースのブルーです。

イエローベースのブルーとブルーベースのブルー を クリア・マットに分けてみました。

イエローベース・ブルーベース・クリア・マット

メイクアップアーティストのためのイエローベースのブルーのアイシャドーカラー

メイクアップアーティストのためのイエローベースのブルーのアイシャドーカラー

流行色の“ブルー”をご紹介するために百貨店やドラッグストアに行ってきましたが、
イエローベースの“ブルー”は少なく、ほとんどがブルーベースのカラーでした。
“ブルー”という色は元々青みを多く含んでいるためでしょうか。
MARY QUANT の単色アイカラーにイエローベースのブルーがあります。
今回はこの色をご紹介します。
他には
【Chacott】 チャコット マルチカラーバリエーション マット MA17
【シャネル】 レ キャトル オンブル リヴァージュ などがあります。参考にしてくださいね。

イエローベース:ブルーアイシャドウの使い方
【MARY QUANT 】
①②③全色使うバージョン
②:アイホールから目のきわに向かって薄くつけます
  下まぶたの目尻側3分の1にも薄くつけます
③:上まぶたのきわに締めカラーとしてつけます
①:上まぶた(黒目の上あたり)にのせます(立体感が出ます)
  (涙袋につけるのもおすすめです)


ナチュラルに仕上げたい場合は ②③のみ使用しましょう。
②:アイホールから目のきわに向かって薄くつけます
  下まぶたの目尻側3分の1にも薄くつけます
③:上まぶたのきわに締めカラーとしてつけます

※初めは色を薄くのせてから、お好みの濃さになるまで、調整してください。

メイクアップアーティストのためのブルーベースのブルーのアイシャドーカラー

メイクアップアーティストのためのブルーベースのブルーのアイシャドーカラー

ブルーベースのブルーは購入がし易い状況です。
パール感の高い薄いブルーから、ブルー、紺系に至るまで、パレットが豊富にあります。
今回はドラッグストアで購入できるヴィセ リシェ ジェミィリッチ アイズ BL-5を使用します。
他には
【ディオール】 ディオールショウ モノ クルール 162 ブルーバヤデール
【シャネル】 オンブル プルミエール プードゥル ブルージーン などもあります。参考にしてください。

ブルーベース:ブルーアイシャドウの使い方
【ヴィセ リシェ ジェミィリッチ アイズ BL-5】
①②③④全色使うバージョン
②:アイホール迄まぶた全体に広くつけます
③:②よりは狭い範囲で目のきわに向かって薄くつけます
  下まぶたの目尻側3分の1にも薄くつけます
  (涙袋につけてもよいです)
④:上まぶたのきわに締めカラーとしてつけます
①:上まぶた(黒目の上あたり)にのせます(立体感が出ます)
  (涙袋につけてもよいです)



ナチュラルに仕上げたい場合は
③:アイホール3分の2くらいまで目のきわに向かって薄くつけます
  下まぶたの目尻側3分の1にも薄くつけます
  (涙袋につけてもよいです)
④:上まぶたのきわに締めカラーとしてつけます
※初めは色を薄くのせてから、お好みの濃さになるまで、調整してください。

今年の流行色「ブルー」をイエローベースのブルー・ブルーベースのブルーと
比較してみましょう。

メイクアップアーティストのための苦手意識の高いブルーのアドバイスをしましょう!

グランドカラースクールのメイクアップアーティスト養成コースは、美容系専門学校現役講師が直接指導します。
肌の美容理論、商品の成分、メイクスキルなど深い美容知識から、実践で使える理論と技を選別してコースに組み込んでいます。
パーソナルカラー診断、フェイスタイプ(顔タイプ)診断の後に、リピーターとしてメイクレッスンをご希望されるお客様も多く、
実践に伴うメイク知識は多くの方に好評を得ています。
あなたも、グランドカラースクールのメイクアップアーティスト養成コースをご受講しませんか?

コース紹介

グランドカラーは大阪心斎橋でパーソナルカラー診断、骨格スタイル診断、フェイスタイプ診断、プロのメイクアップアーティストの資格をトータルで取得できるスクールです。経験豊富な講師陣が直接丁寧にお伝えします。初心者でも楽しく学べます。

初心者でもプロになれる!丁寧・親切・わかりやすく学べますメイクアップアーティスト養成コース

基礎・基本から応用まで、現役専門学校非常勤講師が直接指導致します。
ご自分のメイク方法さえわからない初心者の方でも基礎・基本の内容を学ぶことで、ご自分の自己流のメイクが自分の顔骨格の沿った自分流のメイクが出来る様になります。さらに、他人をメイクで綺麗にしてあげたいという気持ちがあれば、応用コースでスキルアップしていただけます。
現在エステティシャン・ネイリスト・アイリスト・カラリストの方々で、メイクを学びたいと思っておられる方、メイクを以前習ったが、メイクスキルに自信がない方などにも詳しく学んでいただけます。
教材は、テキストのみ必須購入です。
実習に使うメイク備品に関しては、購入希望の方は要相談の上、購入していただきます。
他所で習われてメイク備品を既にお持ちの場合は、不足分のみの購入で対応させていただきます。
お気軽にお問い合わせください。

グランドカラースクールの特徴特徴


●肌について詳しく学びます。肌・皮膚についての専門知識を身に付けます。
それにより、お客様に対してのアドバイス力に説得度・納得度が上がります。
●眉の描き方・チークの入れ方などメイクスキルはもちろんの事、仕草などにも重点を置いていますので、見られても綺麗な指使い・ブラシ使いまでも指導させていただきます。
●ブランドにこだわらない。
学ぶ際の教材に関しても、ブランドに固執しないので、いろいろなブランドのアイテムを知ることが出来ます。

メイクアップアーティスト養成コースはこんな方におすすめ

●初心者の方
●美容資格をお持ちの方(エステティシャン・ネイリスト・アイリスト・カラリストなど)で、メイクにご興味のある方
●他所または、以前にメイクを既習済みだが、スキルに自信を持てない方、学び直したい方
●自分の為に、メイクの知識・技術を向上及び追求したい方
●パーソナルカラーアナリスト養成コースを受講した後、さらにメイクアップを学びたい方
●フェイスタイプ(顔タイプ)アナリスト養成コースを受講した後、さらにメイクアップを学びたい方
●パーソナル骨格スタイリスト養成コースを受講した後、さらにメイクアップを学びたい方
●イメージコンサルタント(総合)養成コースを受講した後、さらにメイクアップを学びたい方    など
どなたでも学んでいただけます。

このイメージコンサルティングコラムを書いた人

グランドカラー副代表・関西一面白い美容家伊藤 静香

経歴・資格

●新パーソナルカラー協会エキスパート
●JBMAメイクアップ検定エキスパート
●専門学校外部講師
●日本化粧品検定1級
●JIA骨格診断士
●JAAMP骨格診断セラピスト
●全情協パソコンインストラクター
◎鍼灸師
◎エステティシャン
◎着物着付け認定講師

メッセージ

楽しくわかりやすくわかるまで丁寧に指導させていただいています。長年の講師歴から共に学ぶスタンスを心がけています。

各種講座の説明会や受講のお申込み方法のご案内

説明会や講座へのお申込みはお申込み・お問い合わせフォームからご連絡ください。

イメージコンサルティングコラムに関連する記事

『黄金比眉』の書き方を学ぶメイクアップアーティスト養成コースの画像

『黄金比眉』の書き方を学ぶメイクアップアーティスト養成コース

美容歴ベテラン講師から学ぶメイク術人気の綺麗な眉の正しい書き方を学びます!ポイントメイクの中で、最も重要なスキルは「眉の描き方」と言っても過言ではないと思います。
メイクの中で綺麗な形の...
骨格とファッション系統の関係性が学べる資格2の画像

骨格とファッション系統の関係性が学べる資格2

骨格ウェーブとファッションデザイン骨格ウェーブとファッション系統の関係性インターネットで「骨格ウエーブの似合う服」と検索すると、女性らしい装いがたくさん出てきます。

これは下半身に重心の...
最新の4Dパーソナルカラーをメイクカラーを使って徹底解明!の画像

最新の4Dパーソナルカラーをメイクカラーを使って徹底解明!

どのスクールで資格を取ろうと迷っていませんか。
ご自分の診断に自信が持てないことはありませんか。
それは、あなたの診断技術が低いのではなく、「似合う・似合わない」の判断基準が曖昧なので、迷ってしま...